ペットボトル症候群という症状

 

ペットボトル症候群とは?ならないための注意点

 

スーパーやコンビニなどの食料品販売店の他、道端の自販機から購入できるペットボトル飲料に関係する、ペットボトル症候群という症状があります。

 

この症状で起こる病気は、糖尿病です。原因として、ペットボトル飲料に多く見られる、清涼飲料水やスポーツドリンクの糖分が関係してきます。

 

甘いジュースなどのペットボトルには、口当たりがよいように糖分が多く含まれています。スポーツドリンクにも、意外にも糖分が含まれていますので、注意が必要です。
しかし、普通の飲み方であれば、清涼飲料水でもスポーツドリンクでも、糖尿病を発症するまでに至ることはそうありません。問題となるのが、手軽にいつでも購入でき、飲みやすい商品であるため、暑い季節などで水のように大量摂取を繰り返すことで、急性の糖尿病に陥ることです。

 

人の体は、糖質をエネルギーに変換して健康を維持しようとしますが、この時に上手く処理をしてくれるのがインスリンという体内に存在する物質です。しかし、ペットボトル飲料を飲み過ぎることによって、体内に糖分が大量に送り込まれると、インスリンの処理能力では追いつかなくなります。こうなると、血糖値が高くなってしまい、体に悪影響をおよぼすようになります。

 

さらに、インスリンによって処理しきれなくなった糖質が増えると、エネルギーの供給源として、体内の脂肪を使うようになります。この脂肪を燃焼するときに、ケトン体と呼ばれる物質が発生します。

 

ケトン体自体は特に問題のある物質ではありませんが、インスリンの働きが悪くなり、脂肪をエネルギー供給源にしようとした時に発生するケトン体は、血液を酸性に傾ける性質を持っており、これが原因で吐き気や腹痛、意識の低下などの症状を発症しやすくなります。

 

ペットボトル症候群が恐ろしいのは、糖分の過剰摂取で血糖値が上がると喉が渇き、余計にペットボトル飲料を求めるようになるところです。これを防ぐには、水やお茶などの糖質を含まないペットボトル飲料を積極的に選ぶようにすることです。