人間の体の60%は水分でできていて、生きる上で欠かせないのが水です。

 

今さら誰にも聞けない?体内の水分の役割とは?

 

よく耳にしますが、実際に体の中で水分はどのような働きをしているのか詳しく知っている人は少ないのが現実です。

 

まず、水を飲むと、体の中に吸収されて、細胞の中に蓄えられる水と、血液やリンパ液のように細胞外にある水とに分かれます。そちらも体にとっては欠かすことのできない大切な水分です。血液は腎臓でろ過されて、きれいな状態で全身をめぐります。腎臓でろ過された老廃物は、尿となって体外へ排出されます。腎臓の働きは、体内の水分を調整することでもあり、水が足りないときは尿を濃縮させて体外に出る水分を少なくして、多ければたくさんの尿として体の外へ出しています。

 

また、人間の体温を維持するのにも重要な働きをしています。運動をしてからだが熱くなれば、汗をかいて体を冷やします。こうすることで、36〜37度という人間の体温を維持し、快適に生活を送れるようにしています。体内でできた、余分な熱は皮膚や呼吸から体外へ排出し、体の中にたまらないようにしています。

 

このように、水分は代謝など、人間が生きる上で欠かすことができません。水太りという言葉があり、水を飲むのを必要以上に避けている人もいますが、これは水のせいで太るのではなく代謝が悪くなっているために起こる現象です。たまっている水を押し出すためには、水を飲んで循環を良くさせてあげることが重要になります。余分な水分と一緒に、老廃物も排出されるので、ダイエット効果もあります。

 

ただ、体にいいからといって、水を一度にたくさん飲むのはいけません。少しずつゆっくり飲むことを意識しましょう。

 

また、ジュースは糖分が多く、お茶やコーヒーにはカフェインが含まれています。水分ならなんでもいいという訳ではなく、水をメインとしてコーヒーはあくまで嗜好品という位置づけにします。こうすることで、毎日の生活の中で適度な水を飲むことができます。