頑固なセルライトを解消したい!

 

水を飲むこととセルライト解消の関係

 

皮膚がデコボコになってしまうセルライトはお尻や太ももの裏側などを中心にできますので、自分で気づかないうちにできてしまっている人もいるでしょう。セルライトは太った人ができてしまうイメージがあるでしょうが、そうとは限りません。太っていなくてもセルライトができますので、太ってなくても安心はできません。セルライトは見た目も良くないのでなんとか解消したいですよね。

 

セルライトができる原因にはいくつかありますが、その中の1つに血流の悪さがあります。血液がドロドロになってしまうと血流が悪くなり、脂肪の燃焼がスムーズにおこなわれなくなって脂肪の塊ができてしまいます。これがセルライトです。血液をサラサラにするためには食事の改善なども必要ですが、水分を取ることも大切です。むくんで太ってしまうと思っている人もいますが、水分をとらないと老廃物を排出できません。

 

水分をとることで代謝がよくなり、老廃物を排出したり、脂肪を燃焼したりします。血液がドロドロになると健康面でも悪い影響が出てきますので、血液をサラサラにしておくことは大切なことです。体内の水分が不足してしまわないように、意識して飲むようにしましょう。

 

ただし、飲みすぎには注意が必要です。過剰に飲み過ぎると体に害を及ぼす可能性もあります。1日に飲む適正な量には諸説ありますが、体重によっても違いますし、働くスタイルによっても汗をかく量に差がありますので、摂取すべき量は違うでしょう。体重の4%が適正という説もあり、この計算方法では体重が50キロの人なら1日2リットルの水が必要ということになります。

 

ただし、私たちは食事の中からも水分を摂取していますので、全てを水に頼る必要はありません。

 

また、冷え性の人などは、体を冷やしてしまうことになりますので、白湯を飲むようにするのもよいでしょう。このようにセルライトを解消するためには水を飲むことも重要なので、適度に飲むようにしましょう。