スポーツ選手が実践するウォーターローディングという方法

 

アスリートが実践している水分補給には、ウォーターローディングという方法があります。

 

これは水分が不足しがちなスポーツ選手が、効率よく水分補給を行うために考えられたもので、普通はのどが渇いてから水分補給をしますが、ウォーターローディングの場合は、のどが渇く前に水分を摂取します。

 

1日に1.5リットル〜2リットルほどの水分を数回に分けて摂取するようにし、1回に飲む量はコップ一杯ほどで、180〜250cc程の量になります。
アスリートに限らず、一般の人にとっても、水分を効率よく補給できる方法なので、健康や美容に気を使っている方は実践することをおすすめします。

 

ウォーターローディングでミネラルウォーターを摂取すれば、利用作用により、体の新陳代謝を高められるので、余計な老廃物を体外に排出することが出来ます。
体を動かすことが少なくなると、便秘になりやすいですが、この方法で定期的に水分補給を行えば、腸の働きが良くなり、便秘を解消できるので、試してみるようにしましょう。

 

便秘を解消できれば、お肌の調子が整い、ニキビなどの吹き出物が出来にくくなりますし、大腸がんなどの病気を防げるので、美容と健康に役立ちます。

 

ウォーターローディングを行う際、ミネラルウォーターの硬度は中硬水がおすすめですが、飲みにくいのであれば、軟水から始めてもかまいません。
とはいえ、これまで水を飲む習慣がなかった人が、たとえ1回に飲む量は少しでも、いきなり1日に2リットル近くの水を飲むのは、辛いことかも知れませんね。
何も最初からそれだけの量を飲む必要はないので、1回に飲むコップ一杯分の量はそのままで、1日に飲む回数を少しずつ増やしていけば、そのうちに2リットルも楽に飲めるようになるでしょう。

 

飲む時間帯についても気になるところでしょうが、一般的には、朝起きたときにミネラルウォーターを一杯飲むのが良いといわれています。
寝る前に水分を摂取するのも、くも膜下出血などを防ぐ効果があるので、健康のことを考え、毎日続けるようにしてください。