水か?スポーツドリンクか?

 

熱中症になった時には水を飲めばイイってもんでもない?

 

熱中症には水かスポーツドリンクのどちらがいいの、迷う人は多いでしょう。日頃の水分補給は、水やスポーツドリンク、それから経口補水液などで、こまめに水分補給するようにして、脱水症状などを予防することができます。熱中症などの時に水分補給する場合は、水だけではなく、塩分のナトリウムも一緒に取るようにする必要がありますから、そんな時にはスポーツドリンクは役に立ちます。経口補水液があることで、熱中症などの緊急時にも備えて準備しておくことができます。

 

人間のかららだというのは、その半分以上が水分です。年齢とともに水分の割合は減っていきます。体重の80%もあるのは子供で、成人した大人は60%になり、50%くらいになるのは65歳以上の高齢者です。体内にある水分には、ナトリウムの塩分が含まれていて、血液によって水分調整のバランスを保っています。体内のナトリウムの不足が発生すると、水分調整はアンバランスになります。

 

ナトリウムと水分とのどちらかが発汗などで足りなくなることで、体には脱水症状が起こります。めまいを感じ、立ちくらみがして、脱水が進むことで熱中症になります。早急な対処を必要としますから、症状が出たら要注意です。発刊が多い時には、水分補給を定期的にする必要があります。

 

日常生活のなかでは、普通に水での水分補給で問題はありません。食事からも塩分の摂取はありますので、特に過剰な塩分摂取はしなくても大丈夫です。1日には約1.2リットルほどを、こまめに飲むことで十分な水分補給となります。

 

炎天下のもとで発汗がある、既に熱中症の時には、普通の水ではなくスポーツドリンクを飲みましょう。たくさんの汗をかきますから、水分とともに塩分までも、体内からは急速に不足しています。水分がなくなると今度は発刊ができなくなって、体温は一気に上がりますから、そこには早急に、水分と塩分を入れる必要があり、スポーツドリンクは大活躍をします。