風邪予防のために

 

風邪の予防にもなる水の飲み方のコツ

 

水は人の体を守り、体の調子を整える成分として注目されてきました。このため、昔から定期的に飲むことでいろいろな効果があるとされています。

 

そのひとつが風邪予防です。風邪予防になる理由とは、一体何でしょうか。

 

まず、理由の一つとして最も大きいことが喉がうるおい洗われるということでしょう。空気が乾燥する季節、喉の粘膜は乾いており、体調や体質によっては風邪ウイルスに触れる可能性が高くなっています。このため、風邪菌や風邪ウイルスが喉につきそのまま体中に入ると、風邪に進行してしまうのです。ただし、水分を取るとその水分は喉を通過します。この時、喉を通過するときに喉の粘膜が水流で洗い流され、風邪菌やウイルスなどが喉で繁殖することを防ぎます。ちなみに菌やウイルスが入っても、胃の中に入れば強い酸性により溶かされてしまうことがほとんどです。風邪菌やウイルスは胃酸に対する耐性はないので、基本的に体の中に入っても問題はありませんよ。

 

また、喉が潤うことにより風邪菌などが逆につきにくくなるということもあります。喉に違和感があったら咳や痰などで簡単に金やウイルスを追い出すことができるようになり、喉についた最近を体の外に排出するための粘膜などもしっかり量を増やすことができるでしょう。

 

水を飲むことでもう一つ得られる理由が代謝アップです。代謝はそもそも一定量の水分がないと成り立ちませんから、代謝を促進するためには水分はとても大事なことになります。この時、水分が足りないと体の中に溜まったものを排出することができません。このため、基本的に代謝アップをすることで体の中で暴れようとしている細菌を体外に排出する力も高めてくれます。

 

この風邪予防に関しては、一緒にビタミンCを補給したり、いろいろな方法で改善することができるでしょう。体質を改善し、喉や体の状態を大きく変化させるためにもとても大事なことになりますので、是非積極的に取るようにしましょう。