冷え性が気になる方へ

 

水分の摂り方を工夫して冷え性予防!

 

冬の時期はむくみや冷え性が気になる人は水を飲み方を工夫することで解消することができます。寒いからと言って水を控えるのではなく積極的に取り入れることによって血液の流れをスムーズにしてくれます。体内に流れている血液の90%は水分ですので不足することによってドロドロの血になってしまいます。

 

血液をスムーズに流れるようにして抹消部まで届かせることによって冷えを防ぐことができます。ミネラルウォーターに関してはミネラル分が血管をしなやかに維持する働きがあり、老廃物を積極的に排出してくれます。

 

 

体温よりも低い水を取り入れることによって熱生産を促す効果があります。熱生産が効率的に行われる体になることによって代謝が良くなり、ダイエット効果も期待することができます。自然と熱生産をしやすい体つくりをすることにつながります。

 

 

お腹が弱いという人などは常温のものを取り入れることによって内臓器官への負担が軽減されます。体を脱水状態にしないためにもこまめな補給が必要です。硬水や炭酸水も効果が十分にありますので自分に合った用途のものを使用することがおすすめです。血管をしなやかに保つことができる成分であるカルシウムや老廃物排出作用がある硫酸塩などの成分を積極的に取り入れることが一番です。

 

夏と比較すればあまり喉が渇くという感覚が薄れますので、積極的に補給する必要があります。冷えないむくみがない体つくりをすることが一番です。あまりにも低い温度のものを体内に取り入れることによって胃腸に負担をかけてしまうため注意が必要です。たっぷり飲むことは血液を薄めてしまうため適度な量を摂取することがおすすめです。

 

冷え性の人は栄養分が毛細血管の細部まで行き渡らないことが原因ですので正しい食生活や適度な運動を行うことも大事です。正しく生活することによって栄養のバランスが整い、ホルモンバランスも正常になります。無理なダイエットなどに注意して水ときちんと向き合うことが大切です。